会社を辞める新たな手法-「退職代行サービス」の状況や料金 

「退職代行サービスって知ってます?」
ある日、旅行代理店の知り合いから尋ねられました。
「何それ?」
と、初耳だったので驚いたものです。
「退職したい人が、最後に会社に行かずに会社を辞めるのを代行するサービスらしいです。法的にも大丈夫らしいです。」

引き留められるので退職できないケース

このサービスは、パワハラやセクハラを受けている人、ブラック企業に勤めている人たちが、最後の最後まで勤めている会社に退職を言い出せないから、利用するんだと思っていました。

ところが、
実は「会社に引き止められるのが嫌」でサービスを利用する人がどんどん増えているようです。
転職先が決まっているのに引き留められると困りますし、上司が適当にはぐらかして退職届が受理されないようなことがあることを知りました。

退職といっても、さまざまなパターンがあることに今更ながら気付かされ、驚いています。

しかし、引継ぎは…

ここまでなら、退職者には落ち度がないように思われますが、実際は問題がある退職者が多いのです。

引き留められるのであれば、相応に仕事ができたと思われがちですが、実は、仕事が溜まって終わっていないという退職者もいます。
「営業先とまったく打ち合わせをしていなかった」、「未処理の伝票が山のように引き出しに入って放置されていた」など、そもそも仕事ができない人もいるわけです。

突然、辞められてしまうと、引継ぎもなくこれらの残務処理を誰かがしなくてはなりません。そういう迷惑を考えない人も多いということです。

それでも退職代行サービス

しかし、退職代行サービスは、退職者だけにプラスの存在ではないようです。

辞められない会社を辞めさせてくれるというメリットは大きいと思います。
実際に命にかかわるような退職や人生を破綻させないようにする退職もこなされています。
企業側にとっても結局のところややこしさが薄れ、必要な情報を回収できるといったメリットもあるようです。

法的にグレーゾーンと言われるかもしれませんが、時代が生み出したサービスであることは確かです。

金額は?

ちなみに調べたところによりますと、概ね3万円~5万円くらいです。
ニュースになるようなトラブルが起こってないところをみると、
退職を切に願う人にとっては妥当な金額なのかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA