乙女心と赤い靴

靴っておしゃれの基本中の基本だと思いませんか。

ベルトや小物と靴の色が合ってなくてはダメ。
かかとのへたった靴はダメ。
どれだけ着飾っても、靴がだめならダメ。

靴屋さんでアルバイトしていたので、
特にそう思います。

さっそうと靴を履きこなす人はカッコいいです。

パパ
そういえば、こないだ帰ってきた時、靴がボロボロやったなぁ。

そうやねんけど、靴は高いし、まだ履けるから。

パパ
そういう遠慮はしたらあかんよ。買ってあげるから靴屋さんに行こうか。

ほんま☆嬉しい♪

そして、靴屋にて。。。
どうも娘は地味な色の靴しか見ていません。

パパ
なんで、そんな地味なシューズを選ぶのん?

ずっとクラブ活動してたから、色がついているだけで、ちょっと派手かなと思ってしまうねん。

パパ
なんでやねんな。こっちの、赤いほうがいいと思うけど。

そうなん♪私でも赤い色履いてもいいのかな。似合うんかな。

パパ
そりゃ、深緑や濃紺よりはずっと似合ってるよ。

ありがとう。じゃ、赤いのにするっ!ありがとう。

娘は、中学・高校と部活に一生懸命でしたから、
そちらの道具にけっこうお金がかかって、親に苦労をかけたと思ってくれています。

また、校則により通学は決められた「白い」指定靴しか履けず、
赤い色の靴を選ぶにも勇気がいったようです。

初めての赤い靴。とても喜んでくれました。

さらに、
私は嬉しく思っているのですが、娘は身長が高い分、
当然に足(靴)のサイズも大きいのです。

大学の入学式でローファーが必要になったのですが、
地元のショップにはサイズの在庫がありません。
急いで東京で購入して送ったのも良き思い出になっています。

私と同じ時期に家に帰省している時は、
私の靴を履いて出かけて行きます。
買ったばかりの靴なら、履いて帰ってしまうことも。。。

一人暮らしで緊縮した生活をしているため、
靴を買うこともはばかれると思って我慢しているようです。
ボロボロになった靴も、私が1年以上前に買ってあげたものでした。

一足の靴を大切にしてくれるのは嬉しく思います。

私も革靴は10年履きを目指して、かかさず手入れをしています。
靴って体の一部っていう感覚です。

就職すると、自分で買うでしょうから、
もしかしたら、「買ってあげる」ということも、
あと数回かもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA