HACCPの誤解-費用はそんなにかからない!

HACCP(ハサップ)は「費用がかかる」の誤解

HACCP(ハサップ)には「施設整備が必要で、かなりの費用がかかる」と思いの経営者の方々は多いと思います。
確かに、コンサルティングを受けて、
言われるがままに対応していては、費用がかさむばかりです。

また、自分でやるには、「人員も時間もない」ということもあります。

しかし、HACCPの基本を知っていれば費用は最小限に抑えられます

大規模な改修は必要ありません。
できるところから、時間や人員の調整も含めて考えていきましょう。

基本は「整理整頓」「清掃」「洗浄」です

HACCPに取り組む前に重要なのは、
「整理整頓」と「清掃」「洗浄」です。

皆がわかっていることです。
でも一番、手が回らないところでもあります。

いざ、作業場所の「清掃」と「洗浄」をしようと、
整理整頓から始めれば、
作業台の下から、部屋のあちこちから出てくる、出てくる。

ボロボロの発泡スチロールボックス、ダンボール、軍手。
使われない道具類などなど。

これでは「洗浄」をしようにも、水や泡をかけるのは無理です。

「整理整頓」も順序とルールが必要です。
しかし、決めてしまえば、その後はとても楽になります。

目安としては、
「常に使うものを近くに、それ以外は、作業場の一定の隅か外に」です。
こんな簡単なルールで「整理整頓」が進むのです。

ほとんどお金はかからないと思います。

「清掃」と「洗浄」の効果

作業場所に、ゴミや埃、カビと、その原因があると、
これらが食品の混入してしまうと大変なことです。

細菌はカビは、汚れと湿度に正比例してどんどん増殖していきます。
作業場所がきれいであれば、
これらの混入や食中毒の原因が少なくなります。

それだけ製造環境がさらに安全になります。

時間が生まれる

「整理」で、必要のないものを捨てると作業場所が広くなります。
そうなると「清掃」がしやすくなります。

「整頓」で、必要なものの置き場所を決めれば、
「道具がない」と探しまわる、無駄に時間がなくなります。

「整理整頓」したのちに「清掃」すれば、
その後に「洗浄」で目に見えない、埃や細菌を洗い流します。

基本的な「整理」「整頓」「清掃」「洗浄」ができているれば、
「殺菌」が可能になります。

これで、かなりの時間が生まれてくると思います。

費用がかからない

ここまでの話は、
すべて、今いる人だけでできることです。

費用がかかりそうなところはありましたか?

でも、これだけのことができれば、
HACCPは大幅に前進します。

もうひとつ。

皆でやれば目的意識の共有ができます。

引き続きHACCPの情報をあげていきます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA